ほたる

このあいだ、ほたる鑑賞の夕べと
いう、わたしの住んでいる地域の
毎年恒例のイベントにいってきました。

山の方まで、パパとわたしと
むすめたちを連れて自転車を30分ほど
こぎこぎ。
日が落ちると、ぐっとまわりの空気も
冷たくなって、雨上がりだったからか
去年よりもずっとたくさんの蛍が
ふわふわと飛び交っていました。

ちょうど先週、実家に帰ったときにも、
じいじに、蛍を見につれていって
もらって。

山の幼なじみが
「空の星と蛍がわからないくらい」
と言っていた意味がとてもよく
わかるくらい、ほんとうにたくさんの
蛍が飛んでいて、きれいでした。

山の中は蛍の光があるだけで、
ほんとうに真っ暗。
うちのじいじは、こっそりと用水路に
落ちていたようで、家に帰ると
シャツの背中がどろどろでした。

水無月の書道のお稽古~その2~

「及時當勉勵」
漢詩の一文です。

最初に書いたもの。

書き込んだもの。

楷書で書いて合格を貰ったら
草書で書くという課題でしたが、
草書までなかなか行き着かない…
私は無理矢理先生から
草書のお手本を頂きました。

やはり時間切れで書き込めなかったので、
さんざんな仕上がり…
心許ない字になっています。

“自分で作る四字熟語”という企画が
今月中教室で開催されています。

何かプレゼントがもらえるという事で、
意外とみんな参加していました。
私も家で書いていきましたよ。

ドバイに行かれた生徒さんからのチョコレート。

さすがドバイ!!!!!
包み紙も黄金です。
ピスタチオが入っているのか
プチプチした触感が美味しかったです。

紫陽花祭の奉納

にちようび、いつもむすめが
お稽古に通っている神社で
紫陽花祭の奉納がありました。

いつもいっしょにお稽古している
一歳年上のお姉ちゃんが、
豊栄の舞を、お榊ではなく
あじさいのお花を持って舞いました。
あじさいは、先生が朝、紫陽花苑から
ひと枝、切ってきたのだそうです。

去年は、見るなり走って逃げた
こわいお面の舞人さん。
ことしは舞台裏でいっしょに出番を待つ
ことに。長女は凝視していました。

前回の奉納よりも大きな舞台で、
鈴のお運び役という小さな役目でしたが
無事つとめを果たした長女。
おじいちゃんも駆け付けてくれて
うれしそうでした。

ちょうど、父の日だったので
お義父さんにプレゼント。
「かわいくて飲まれへんなぁ」と
言っていました。

夏物付下げ 出品しました。

今年は夏物の付下げがたくさん入荷しています。

古典柄や現代的な柄が勢揃い。





お柄もすっきりした涼やかな印象のものも多く、
帯とのコーディネイトの仕方で、
色々な場面に活躍しそうです。

さらりとした付下げの柄行きに魅了されて下さい。

気になる方は下記をクリック。

ヤフオクはコチラ→★★★
楽天市場店はコチラ→★★★

一夜明けて

きのうの地震の影響で、
お家の屋根の瓦が落ちたり、
壁にヒビが入っていたり、表札の
石が崩れ落ちていたりと
道を歩いていてもいたるところに
被害を見つけました。

地震のとき、わたしといっしょに
家にいたむすめたち。
次女は、「こわくなかった」と
強がっていましたが、きのう
保育園から持ち帰った七夕の短冊に
「なんて書く?」と聞くと、
「もりもりげんきですように」と
「おうちがゆらゆらしませんように」
とこたえました。
怖かったのだとおもいます。

まだ余震があったりと、
気を付けなければならない状況ですが、
皆さまのご無事を心より願っております。

だいやすは本日も通常通り営業しております。

ネットショップでのお買い物につきましては、
地震の影響による交通状況の乱れにより
配送が遅れる可能性がございます。
ご注文はすこし余裕を持っていただけますよう
どうぞよろしくお願い致します。