奈良へ行く

はじめて、奈良へ
いってきました。

前からしてみたかった
おくどさんでごはん炊きと
山菜摘みをさせていただきに。

立派なお庭のおばさんのお宅は、
玄関に鹿の角があったり
くちなしの実があったり。

鹿の角は、ある朝
畑にいくと落ちていたのだそうです。

お庭には、山羊もいて、
金魚のいる水槽には、クレソンが
生えていました。

いまの季節に取れる山菜は
ふきのとうとセリということで、
山に入って摘ませてもらいました。

すぐコツを覚えた長女が
ひとりで目当ての山菜をうまく
見分けて、どんどん収穫してくれました。

摘むと良い香りのする
セリに…

畑の菜の花に…

お台所のすぐそばのお庭に生えていた
ふきのとう…

もうすこしすると、この
とげとげの木に、タラの芽が
生えてくるそうです。

見てみたい!

はじめて、おくどさんに
火をくべて、釜でお米も
炊かせてもらいました。

お米をはかった一升桝。

ほとんど近くで収穫したもの
ばかりのお昼ごはんは
とってもおいしく、贅沢に感じました。

そそくさと、ごはんのおかわりに
いく長女。

『2』続き。

2日前の2月22日は、
2020年令和2年の2月22日の
2が6つ揃ったということで、
かなり大々的な「猫の日」でしたね。
テレビの特番もやっていました。

我が家の猫たちも元気にしております。


やんちゃ娘。
いつも私が出勤で出かける時には
出て来てくれます。


アピール上手な白猫。
私のおまたの間にはまって、マッサージタイム。
とてもビビりで、家のピンポンが鳴っただけで、
コタツに逃げ込んでいます。


拾ってから15年ぐらい。
もうすっかりおばあちゃん。
最近は毛が薄くなってきたのか、
目の上にもうひとつ目があるように見えます。
ドラゴンボールでいえば、天津飯ですね。

着物で出かけてみよう!

今日は令和初めての

天皇誕生日

京都はほんのり暖かくなり、
通勤途中の梅は満開で、
良い薫りが辺りに漂っています。

北野の天神さんでは25日のご縁日に

梅花祭が開催されます。

優しい春のにおいの中、

梅を愛で、においを楽しみ、

『令和』

の出典

初春の令月にして
気淑く風和ぎ
梅は鏡前の粉を披き
蘭は珮後の香を薫らす

を感じてみるのも素敵ですね。

折角なら女性だけでなく男性も着物で
お出かけしてみませんか?

だいやすでは男性着付け教室も人気の講座になっております。

毎週土曜日 11時から

一回1時間で¥1700

定員3人の気軽なレッスンです。

予約制ですので事前にご予約下さいませ。

この春は着物で新しい自分を是非楽しんで下さい。

ご予約、お問い合わせお待ちしております!

 

 

如月の書道のお稽古~その2~

昨日はちょっと薄着でも
いいくらい暖かったですね。

書道のお稽古にも
意欲が湧いてくるようです。

課題は、この前の続きを。

最近は、その日その日の気分や体調で、
字の書きやすさが違うと
感じやすくなってきました。
前回より今回の方が
滑らかに優雅に書けたような気がします。

そして、その後に中国の字をなぞりました。

日本の漢字と違うところもあって、
なぞるだけなのに苦労しました。

自分のクセと違うことをするというのは、難しいことなのですよ。

春を感じる桜餅を頂きました。

私はこの葉っぱを今まで
食べていなかったのですが、
生徒の皆さんは食べるということで、
私も初挑戦しました。
でも…やっぱり私は剥がしたい派です。

大人のお稽古の後に来た小学生たちの声も
何だか明るく春めいていて
微笑ましかったです。

床下の入口

絨毯をはがして
お掃除をしていたら、床下への
入口に興味を示したうちの
むすめたち。

「この下に何がいるの~?」

と聞いてきました。

ん??何がいる??

なんだろう。ママは入ったこと
ないけど、よくおじいちゃんが
点検しに来てくれています。

虫?とかかな??

と言おうとしたら

「アリエッティとかがいるのかなぁ?」

と長女。

そういえば、姉妹は
録画してあった
「借りぐらしのアリエッティ」を
見返していたところでした。

床下に妖精がいたらすてきです。