年末年始も変わらず読書

年末年始は家でダラダラ過ごしたので、
テレビと本を。

共にさらさら読めて面白かったです。
初めて恒川光太郎を読んだんです。
不思議な背景設定ですが、
こういう世界もあるんではないかと
思ってしまいます。

グレゴリ青山の
「田舎暮らしはじめました」

世間では田舎暮らしに
憧れを持つ傾向にあると思います。
そんなテレビ番組多いですもんね。
この本はそんなリアルな日常が描かれています。

年末年始にかけて
殺人事件の本を読んでいました。
初夢は死体が出てくるといった、
何とも微妙な年明けでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です