園庭のおみかん

長女が、保育園の園庭のすみに
なっているおみかんを持ってかえってきました。

おみかん、といっても
皮はかちかちで、匂いはオレンジです。

さっそく帰って切ってたべると、

…!!!
おどろきのすっぱさ!
おもわず三人で、目を細めました。

そのままではいただけないので、
甘いシロップをつくって
生絞りフレッシュジュースと、

ママレードジャムに…

ジャムをつかってひさしぶりに
たいやきも焼いたり…

おいしくいただいたのでした。

お料理会

雛祭りを意識したメニューを作ろうと
友達と集まりました。

もちろん普段お料理をしない
メンバーのために開催された会です。

手毬寿司に茶碗蒸し。
ツナとジャガイモのホットサラダ、どら焼き。

どら焼きは皮を焼くのに時間が掛かり、
焼く係りは修行の様になっていました。

皮はベビーカステラのお味。
美味しいのは美味しいですが、
なにせ初めてのどら焼き作り。
砂糖の量に驚きを隠せませんでした。
一つだけ食べて、後はお持ち帰りです…
焼きのまばらさも乙です。

着付け教室【如月】その一

今回のお着付け教室「はじめてコース」では
お着物着付けから帯結びまでの総復習を
して頂きました。

前回着物レッスンにお持ち頂いたお着物は紬、
今回は柔らか物の江戸小紋をお持ちに
なられてのレッスンでした。

よく皆様が「柔らか物の着物は着にくい!
紬の方が滑らないから着やすいです。」と
仰います。

確かに紬や木綿のお着物は、前合わせの時も
滑りにくく体に上手く添い、柔らか物は、
脇で上手く押さえないと滑ってしまい
上手に着られないかもしれません。

今回のレッスンでは、どちらのお着物も
練習をして頂き、違いを感じてもらえたので
とても良かったと思います。

今回は江戸小紋にポイント柄の名古屋帯、
とてもきれいな着姿です。

お着物もとってもきれいに、帯はお太鼓の
下線と胴帯の下線が沿い、本当に綺麗に
仕上げて頂きました。

これからの春、桜の季節はお着物での
お出掛けも楽しみとなります。

どうぞ素敵なお着物ライフをお過ごしに
なられます様に!

虹色の糸目

先日出品した、秀美ブランドの
チューリップ柄のすてきな訪問着は
淡い黄色の色糸目でしたが、
今回わたしは
虹色(?)の糸目に挑戦しました。

くらべるのもおこがましいの
ですが!

友禅の、防染のときの糸目糊に
色をつけて、色糸目にするのを、
色んな色の糊にして、筒につめて絞り出す
かんじです。

といっても、秀美さんの
繊細な糸目糊に対して
こちらは、伏せ糊用の糊で、
糸目というより、ぽってりと
糊の嵩で、水玉模様をつくる
かんじです。

防染力は、自家製の、糸目用のもち糊よりも
弱いですが、糊に色がついていないので
色糊にしたとき色がわかりやすいという
メリットがあります。

糊を置く筒の
口金の太さも、糸目用とは変えて。

蒸して水で洗ったら
色がうすくなることを想定して。

今回は、学生のころに
描いた絵をひっぱりだしてきて
染めました。

だれかが可愛がっていたはく製を
描いた絵。

アルマジコと呼ばれ、リボンをつけられた
はく製は、今思うとアルマジロではなく
センザンコウですが、とてもかわいかったのを
おぼえています。

額と、

そこから抜け出てきた獣。

虹色…?

とはほどとおい
できばえとなりました。
とほほ。挑戦はつづくのでした。

3月のワークショップ

恒例となりました
だいやすのワークショップ。
3月からは‘羽織紐’です。

お好みの天然石やビーズをつかって
世界に一つだけのオリジナル羽織紐を
つくっていただきます。

今回の羽織紐は、金具にマグネットを
つかっていて、付け外しもとっても楽ちん。

おひとりでふらりとお越しいただいても
お友だちをお誘いいただいても。

だいやすで、たのしいひとときを
おすごしいただけたらと思います。

まだ、お席に空きもありますので
お電話にてお気軽にご予約ください♪