着付け教室【師走】その四

今回のお着付け教室「はじめて
コース」の二回目では、名古屋帯の
前結びと袋帯の作り帯結びの練習を
して頂きました。

日頃は後ろで結んでいらっしゃるとの事ですが、
帯板の「まわりっこ」もご持参頂き、今回は
だいやす方式、お太鼓を先に作り、前で結んで
後ろに回す方法です。

前結びの良い点は、後ろ結びで見えない所が、
前で直接見ながら綺麗に処理をして頂けると
いう所です。

今回はお太鼓の山や下線、手先を戻し帯の
余った部分の処理を鏡に映し、目で直接見ながら
とてもきれいに仕上げて頂きました。

「最近は後ろに手が届かず・・・」と前結びの
良さを実感して下さっていました。

またおばあ様から頂かれた大切な袋帯は、
とても結びやすくなり、大切に引き継がれました。

おばあ様もとっても喜んで下さってると思います。
これからもフォーマルなお席で素敵に輝やかれ
ご活躍されます様に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です