10年前の読んだ短編の記憶

今は自分の中で短編ブーム。


▲森博嗣のシリーズものは結構持っています。
 さすが工学博士というだけあって、
 凝ったミステリーものが多いですよ。
 なのに、堅苦しく考えないで読めるのでいい。
 この本の中でも面白い短編は、
 前(10年くらい前?)に読んだことを覚えていましたね。



▲色にまつわる短編集とでも言うのでしょうか。
 もの悲しさとエロが詰まっています。
 こんな色紙が挟まっている本って
 珍しくありませんか?

一度読んだ本を読み返すついでに、
以前は読んでいなかったあとがきも
ちゃんと読んで、内容を深めようと思っていました。
でも、深まるどころか
何だか余計に分からなくなったり…
自分が感じたままに読むのも大切なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です