男性着付け教室【水無月】

61年ぶり観測史上もっとも遅く梅雨入りした京都は、
今迄の天気が嘘の様に、梅雨前線が活発になり朝から土砂降りです。

 

そんな足元の悪い中、遠方から着付け教室に来て下さいました。

 

先日、大島紬のアンサンブルとその着物に合わせて一式お揃え頂き、

その初めてのお着物を使ってのお稽古でした。

今回のポイントは、帯の長さ調節と帯の位置でした。

現代の角帯は昔に比べて長く織られており、またお客様がスリムでいらしゃるので、
帯の巻き込みの調節がなかなか難しいとのこと。

 

 

 

 

 

4回程続けて帯練習されましたら手と体が感覚を掴みはじめ、最後は素敵なバランスの手先となりました。

やはり「着物を着てみたい!」との気持が 形にも出てきますね。

あとは帯位置をもう少し下に意識をしてみましょうと言う事で、今日のお稽古は終了しました。

 

さて明日から7月。いよいよ1か月にわたる祇園祭が始まります!

夏はお祭り、花火大会と浴衣を着る機会が増えます。

 

今年は着てみたい!

自分で着てみたい!

 

そんな男性の為に、7月、8月は浴衣着付け教室が始まります!

ワンレッスン11:00〜12:00の60分で、衿留め付き1,700円です。

日にちは随時お問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ、ご予約お待ちしております!

梅酒はお休み

ここ数年、毎年仕込んできた
梅酒ですが、おもえば飲む人も
パパしかおらず、たまる一方。

ということで、ことしは梅酒づくりは
やめました。
やめるのもさみしいので、
梅シロップに浸かっていた梅の実で
梅ジャムをつくり、
たまたま読んだキナリノの記事にあった
コーヒーリキュールを仕込むことに。

熟成(?)された梅の実でつくる
梅ジャムの、おいしいこと!
フレッシュな梅の実のジャムとは
またちがい、濃厚なあじわいが絶品です。

そして、日に日に深い色合いになってゆく
コーヒーリキュールですが、
うちのパパはそういえばコーヒーが飲めません。

カルーアミルクとかパパに似合うなぁと
おもいましたが、結婚生活7年、
なかなかうまくいかないものです。

梅酒以上に、一家に不要なものを
つくってしまいました。

雄ねこ

我が家の白猫。

書道のお稽古でいつも一緒になる
70代の生徒さんに、
この写真を写真を見せると
笑っていらっしゃいました。
「この子、男の子?」と聞かれ、
「男の子」だと伝えると
「よかった~」と仰いました。
やっぱり動物でも、
おまたを広げるのは抵抗があるようです。

それにしても野良猫だった時は
こんな格好もできなかったであろうに、
今ではモフモフのアピールが凄いです。

夏の琉球帯出品しました♪

6月ものこり数日。
雨降りの日の、むっとする空気の中に
くちなしの花の濃い匂いがふわっと香る、
その瞬間がたまらなく好きです。

いよいよ近畿も梅雨入りです。

さて、こちらは先日入荷したばかりの
すてきな‘夏モノ’の琉球帯です。

夏の紅型に…

夏の花織…

夏の装いにぴったりの
涼やかなデザインに、
着姿に華を添える、圧倒的な
存在感。

沖縄の風と共に作り上げられた
品々には、織り子さんや、染め手の
思いがたっぷり詰まっています。

見る人を惹きつける存在感のある
すてきな帯に仕上がっていますので、
夏の装いの一品に、ぜひどうぞ♪

ヤフオクはこちら→★★★
楽天はこちら→★★★

チャイブビネガー

庭のハーブ、チャイブの
お花をお酢につけて
放っていたものが、先日みると
やさしいピンク色に
染まっていました。

ことしはお花はふたつだけでしたが、
来年、もうすこし花が
咲いてくれたら、
濃いピンクになるでしょうか。

そして、ほんのりお酢におネギの香りが
ついていたりするのでしょうか。

たのしみです。