二人の作家さんを読みました。

それぞれに特徴のある作風で面白かったです。
この4冊も、読むことも二回目ですが、
強烈に印象に残っている短編は
何年か越しでも覚えていましたね。

本多孝好の『MISSING』、お気に入りです。


▲”生”の隣には”死”。
 最近の痛ましい交通事故のニュースを見ると、
 ある日、自分には起こると思っていなかった事に
 巻き込まれて、人生が断たれます。
 この本を読むことで、
 生死が紙一重だということを考えさせられます。


▲群ようこの世界が、まるで自分のことを
 書いてくれているのではないかと
 思ってしまうんです。
 余りにも自分の今にあてはまるというか、
 年齢的にも周囲によくある問題が書かれていて、
 楽しく読みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です