葉月の書道のお稽古~その1~

めちゃくちゃ暑い日が続いていますね。
そんな暑さで気持ちがくさくさする時に
気持ちの静寂を求めて
書道のお稽古に行きました。

ですが、この日、クーラーがうまく効かず、
汗がじわじわのお稽古に…
タオルハンカチが大活躍でした。


前回の『金生麗水』の続き、
『玉出崑岡』を練習して、
八つ切りの紙に続けて書きました。
それからまた引き続き、『剣号巨闕』を。

課題はたくさんあります。
縦線に迷いがあるのか、
よろよろを先生に直されました。

ひやひやのプリンを食べて、
熱中症予防にと干し梅も頂きました。

ところで『玉出崑岡』を書いているときに、
「崑」という字を見て、生徒さんと
大村崑さんの話になりました。
たまたま家に帰って新聞を漁っていると、
大村崑さんの記事を見つけたんです。
大村崑さんが小さいときに
神戸で空襲にあわれた時のお話でした。
この日、大村崑さんの話になったのはたまたまですし、
記事を見つけたのもたまたまですが、
こういった偶然で、戦争を意識するこの8月に
改めて平和を願いたくなりますし、
考えさせられたりしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です