長月の書道のお稽古~その1~

前回のお稽古から
引き続き『果珍李柰 菜重芥薑』の
大筆の練習をしました。

二枚目の「菜重芥薑」。
「芥」の書き方、意味不明でした。
何も知らずに、皆さんが思う
通常の書き順で書いていたもので、
先生に直されたときは驚きでした。

私の半紙は先生に直されて真っ赤です。

最近、先生のお稽古教室に、
先生の補佐として
新しいアルバイトの方が来られています。
なかなか話も楽しく、
いろいろと聞きだしています。
子供のお教室の時は
先生として活躍されています。
そんな若者の成長を横目で眺めるのが
楽しい今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です