お着物メンテナンス

昨日はメンテナンス相談会。

悉皆の職人さんがだいやすに来てくれまして、
いろいろと相談にのってくれました。
シミについての落ち具合、加工など色々と勉強にもなりました。

ここで着物のシミについてワンポイントアドバイス!

きものシミは、食べこぼし、雨、埃など外部からの汚れを思いがちですが、
ここに一つ落とし穴がありました。
大切な着物を、たとう紙に入れて保管していますが
このたとう紙にも使用期限があるのです。

 

画像の様に茶色い斑点が出ている物は

使用期限がとうに過ぎています。

そうするとここから着物にシミ、変色、カビが移ってきてしまうのです。

和紙は湿気を吸って着物を守ってくれますが、

期限を過ぎると湿気を吸い取る余力が無くなり、

逆に湿気を呼び込み発散し始めます。

ずっとお使い頂ける物ではないんですね。

一回も着てないのに着物にシミ、変色、カビがあるのはこのせいでもあります。

年に2回は虫干しをして、

2〜3年に一回はたとう紙を新しく変えましょう!

 

そして、着物にカビを寄せ付けない一番の方法は、

着物を着てお出かけして、自然に風を通すことです。

少しの手間で、大事な着物を気持ち良く長くお召しいただけます。

是非参考になさって下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です