お面

年末に右手首を骨折していた
うちの長女。
数日前にようやくギプスが外れたので、
節分の鬼のお面でもつくろうか~
と、張り子のお面づくりに
挑戦しました。

鬼、といったのに
長女はうさぎがいい、
次女はねこがいい、と。

わたしが適当につくった土台に、

粘土で肉付けをしてもらい、

半紙をぺたぺたとしてもらい、

今朝、型から外して、溶かした粘土を
ぬりぬりしてきました。

ここ3週間ほどで、左手を
利き手のようにつかいこなせるように
なっていた長女。
右手が自由になったのに、
作業もすべて左手でこなしていました。

まだ、真っ白のお面ですが、
次女のねこは、ミルクティー色の
斑点を描くのだそうです。

ちなみに、上級生用のうんていから
落ちて骨折した長女。
ギプスを外してもらった日、さっそく
病院の先生に、うんていをしていいか
聞いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です