奈良へ行く

はじめて、奈良へ
いってきました。

前からしてみたかった
おくどさんでごはん炊きと
山菜摘みをさせていただきに。

立派なお庭のおばさんのお宅は、
玄関に鹿の角があったり
くちなしの実があったり。

鹿の角は、ある朝
畑にいくと落ちていたのだそうです。

お庭には、山羊もいて、
金魚のいる水槽には、クレソンが
生えていました。

いまの季節に取れる山菜は
ふきのとうとセリということで、
山に入って摘ませてもらいました。

すぐコツを覚えた長女が
ひとりで目当ての山菜をうまく
見分けて、どんどん収穫してくれました。

摘むと良い香りのする
セリに…

畑の菜の花に…

お台所のすぐそばのお庭に生えていた
ふきのとう…

もうすこしすると、この
とげとげの木に、タラの芽が
生えてくるそうです。

見てみたい!

はじめて、おくどさんに
火をくべて、釜でお米も
炊かせてもらいました。

お米をはかった一升桝。

ほとんど近くで収穫したもの
ばかりのお昼ごはんは
とってもおいしく、贅沢に感じました。

そそくさと、ごはんのおかわりに
いく長女。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です