月ヶ瀬の梅

お天気の良い先日の
にちようび。奈良の月ヶ瀬梅渓に
いってきました。

さぁ、ここに車をとめて
梅を見に行くよ~
というよりも、車で走っている
と景色の中のあちこちに梅、梅、梅…

梅の並木の中を、すすんでいる
ようでした。

渓谷の梅も、なんてきれい。
まだ五分ほどの咲き具合でしたが、
蕾がほころんできて、さっき
開いたのかな?みたいなお花が
たくさんあって。香りもあちこちに
漂っていました。

枝から枝へちょんちょんと飛んでいく
メジロたち。
かわいいです~

そうそう、ここの月ヶ瀬の梅の
梅の実を炭にした「烏梅(うばい)」が、
紅花染の美しい赤の固着を強める酸の
役割として珍重されてきたそうですよ。
紅花染って昔は、京紅とか、京の象徴的な
染物だったんですね。

染司よしおかさんが、この絵本の最後に
コメントを添えてらっしゃいました。

このあいだから、スケッチに
はまりだした長女。

梅の花も、よく観察して
力強い線で描いていました。

雪がちらつくほど寒かったこの日。

わたしもいっしょにスケッチして
いましたが、手が震えて
線がガタガタでした。

近くの温泉で、ぽかぽかに
あたたまり、お宿へむかったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です