山の幼なじみのお店

山に住む幼なじみが
この春、お店をオープンすることに
なりました。
ネパール喫茶、だそうです。

彼女のカレーなど、スパイスをたっぷり
使ったお料理はとてもおいしく、
その上美人で人柄もとても良いので
お客さんがたくさん来るお店になると
いいです。

わたしに何かできることがあったら
言ってね~と言っていたら
お店ののれんを二つたのまれました。

お店のロゴは、ネパールの文字の
イメージで、ちょっと垂れている感じに。

地模様の凹凸のある地厚の木綿生地を
選んだので、染めの仕上がりがきれいに
なるか心配でしたが、
どうせなら、糸目の手描き友禅と
型染めの、二種類でおなじデザインを
染めてみることに。

↓こちら、手描き友禅。

青花の下絵に、てづくりのもち糊で
糊置きをして。

白地に黒い文字なので、泣かせて
(はみ出して)なるもんかと
地入れはしっかり目に。

↓こちら、型染め。

友だちに送るための手挿し証拠写真も
むすめが撮ってくれました。

蒸しも水元も、心配ごとだらけでしたが
まぁまぁ無事にすすみました。

できあがりののれん。

手描きと型染めではまた
ちがう味わいに。

↓こちら手描き。

↓こちら型染め。

↓裏から見たところ。
(右・手描き、左・型染め)

家の玄関に勝手につけてみました。

友だちのお店は、昭和の民家の
イメージで、室内の壁に
独創的な獣の絵がダイナミックに
描かれていたりするので
この静かな感じののれんが似合うと
いいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です