自粛中に読んだ本~Part.2~

緊急事態宣言が全面的に解除されましたね。
最近は、小池百合子東京都知事の
マスクの可愛さに注目している毎日です。

さて、自粛中に本を読むといった行為を
された方も増えたと思います。
私が個人的に読んだ本を引き続きご紹介です。


▲『おとぎ話の忘れ物』小川洋子
相変わらず不思議な世界で、
可愛くブラックな挿絵が
この物語の世界観とマッチしていて
良かったです。
4篇の中で「人魚宝石職人の一生」が好きでした。


▲『殺人出産』村田沙耶香
インパクトが強すぎる。
想像を超えた世界観に驚かされます。
短編4つから成っているのですが、
命の重みは違いがあるにせよ、
命について考えさせられるものばかりです。
ちなみに当店のスタッフから
この自粛中にお薦めの本があるかとメールが着て
薦めたのがこの本でした。

自粛中に読んだ本~Part.1~

こういう時期だからこそ、
本をいつも以上に読もうと
意気込んでいました。
とりあえず好きだったと記憶している本や、
大物にも改めてチャレンジしようと
長編の文庫を再読。


▲『蒲生邸事件』宮部みゆき
歴史に弱い私。
主人公の青年も歴史に弱い設定。
宮部みゆきさんはSFものも多いですが、
その奥にある人間の積み重ねてきた
歴史みたいなのが感じられて
昔が他人ごとではない感覚になります。


▲『漁師の愛人』森絵都
子供だった頃のセンチメンタルな短編と、
恋愛&不倫のお話。
主人公の思いが上手く表現されていて、
共感を感じる内容です。
5篇から成っていて、
私は「老人とアイロン」と
「漁師の愛人」が好きでした。

最近、ゲームボーイをしてしまいがちでいますが、
本にシフトチェンジできるようにしたいです。

ラッキースター

アポロチョコレートに入っている
レアものの星型に巡り合えたことがないので、
少しアポロを箱で多めに購入。

遂に出会えました!!!!!

この時、食欲が絶好調だったのですが、
緊急事態宣言でお休みが続き、
食べることしか楽しみがなかったため、
食べまくっていました。
その結果、胃に負担がかかったのか
急に食欲がなくなり、
それからずっと冷蔵庫に保管しています。
今日ぐらいに食べようと思っています。

猫村さん

緊急事態宣言の間に、
母が誕生日を迎えました。
いつの日からか、母の誕生日には
本を送っています。
といっても、漫画などの娯楽のジャンル。

今回プレゼントしたのは
『きょうの猫村さん』。

この本が9巻もあることを忘れており、
結局続きを買う羽目になっています…
4巻まで買いました。

今はテレビでこの本が
実写となっているそうですね。
しかも、松重豊さんが演じているなんて!!!!
松重豊さんといえば、私の大好きな
「孤独のグルメ」に出演されています。

どのように人間が猫を演じているのか、
気になるところです。

間接的な渡し方

筍の美味しい季節に、
大きな筍を頂きました。

手渡しでの接触を避けるため、
玄関に置いてあったのでビックリです。

メールには「今、置いた」です。

この時期ならではのやり取りですね。

私は街中でみんながマスクをしている姿を見ると、
「風の谷のナウシカ」を思い出します。
この映画では、胞子を吸わないように
瘴気マスクをしていますね。
わたしたちも菌を
吸い込まないようにしている姿が一緒。
未来を見越した映画の世界観が
凄いと思いました。