だいやすオリジナル

朝晩気温がめっきり涼しくなり、
肌寒く感じる日も増えてきました。

京都では薄っすら葉が色づき始めてきている木もあります。

京都市内では、秋の特別拝観、企画展などこれからどんどん増えてきます。
お茶会、発表会なども開催されています。

着物でのお出掛けが楽しみですね。

そんなお出掛けに合わせやすい、

だいやすオリジナルの新作、
帯揚げ、半衿が今年も入荷して参りました♪

半衿は3色、生地もふっくらで

立涌の地紋が襟元に優しい動きを演出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人気のオリジナル帯揚げは、両面使えるリバーシブル。

生地厚で、形も整えやすくフォーマル、カジュアルとお使いいただけます。

七宝柄に加えて、今年は唐草模様が仲間入り。

ぜひお使い頂きまして、コーディネートのし易さ、使い易さを体感してくださいませ♪♪

読書に身が入る秋には、考える本も。

久々にややこしい本を読みました。

たまにプロローグやエピローグ、
あとがきを読まなくても
問題ない本に出会いますが、
こちらは最初から最後まできっちりと
読まないといけない内容になっています。
読むのは二回目で、
内容は何となく覚えていたのに、
犯人が誰か覚えていませんでした…

母が新聞広告に載っているこれを
読みたいと言ってきたので、買いました。

「ネコあるある」がたっぷり詰まっています。
どこの猫も似たようなものなんですね。

そして、以前の続きで同僚スタッフに
漫画を借りました。

読み進めても、やはり内容は”闇”です。
人間は若さ・美しさ・お金といった
煩悩の塊を抱いているものなのですね。

秋の虫

長女は、毎日虫かごを持って
小学校に行っています。

お昼休みに、中庭で隣のクラスの
幼なじみの男の子と待ち合わせをして
コオロギをつかまえて
もらっているそうです。
網はないそうなので、素手で、です。

先日、持ち帰ってきたのは
大小のコオロギ含めて7匹。
6匹、学校でつかまえてもらい
1匹は帰り道に自分でつかまえた
とのことでした。

夜、寝るときには
コオロギの鳴き声を聞きたいからと
枕元に虫かごを置いています。

居心地が悪いのか、
コオロギはまったく鳴きませんが、
そんな長女が可愛いなぁと
親バカながらみとれています。

あくる日の遠足の朝の長女。

遠足なのに、虫かごを持参。

念願かなって、お友だちにキリギリスを
捕獲してもらった彼女は、枕元でキリギリスの
あの地味な鳴き声を楽しみながら
満足げに眠っていました。

神無月の書道のお稽古~その1~

この日、1月に開催される
書初め展の内容を決めに行きました。
毎年のように先生に辞書を引いていただき、
文字の参考にします。

私が好きなのは、篆書と隷書。
なかなか一般的な文字ではないので、
中国の本からでないと参考本がありません。

この日は日本に短期で滞在されている
在日アメリカ人の方と一緒になりました。
とても日本語がお上手で、
会話には不自由はありません。
色々なことを聞いたり、
教えられることも多かったです。
小筆と大筆の違いなどを話していましたが、
その精神が伝わったかは謎です…

コーヒーリキュール

この夏、仕込んでいたコーヒーリキュールを
はじめて飲んでみました。

ざらめがこってりと甘くて、
ミルクで割ると、豆の苦みとおいしさが
なんともいえぬ味わい。

こんなに簡単に
自家製カルーアミルクが
できるなんて!

豆やお砂糖を変えたら
またちがう味わいのリキュールが
たのしめそうです。

焼きたてワッフルに
かけてもおいしかったです。


こどもにはチョコソースです。