お料理会

雛祭りを意識したメニューを作ろうと
友達と集まりました。

もちろん普段お料理をしない
メンバーのために開催された会です。

手毬寿司に茶碗蒸し。
ツナとジャガイモのホットサラダ、どら焼き。

どら焼きは皮を焼くのに時間が掛かり、
焼く係りは修行の様になっていました。

皮はベビーカステラのお味。
美味しいのは美味しいですが、
なにせ初めてのどら焼き作り。
砂糖の量に驚きを隠せませんでした。
一つだけ食べて、後はお持ち帰りです…
焼きのまばらさも乙です。

如月の書道のお稽古~その2~

この前、書道留学生のポールさんが
当店にお買い物に来てくれました。
その後にはいつもお礼のメールを届けてくれて、
日本の心が分かる外国人といったところが
凄いと思います。

この前のお稽古で書いた「天地玄黄」と
今回書いた「宇宙洪荒」は続きだったらしく、
八つ切りの半紙に書きました。


バランスが難しく、
上に詰めて書き過ぎて下が空いたり、
その逆で下にスペースがなくなったり。

お茶も頂きました。


この四文字が終わったら、
次の四文字の課題があり、
また八つ切りの半紙に書くのでしょう。

しばらくの間、先生はトルコに
書道の文化を伝える旅に出られます。
旅の報告が楽しみです。

今の読書気分は、怖いのん

1月から2月に掛けて
いい本に巡り合えたのか
結構な本が読めました。

2018年の年間ベストセラー総合1位は
「君たちはどう生きるか」だったそうで、
私もそれに便乗し、読んでみました。
これは人間の原点をついた本ですね。
道徳が詰まっています。

後はホラーや殺人系。
どれも面白かった。

書道の書初め展の時に、
2019年の目標を
「本を読んで感性を高める」
と書いたのはいいものの、
こんな殺人の本ばかり読んで、
何の感性を高めようとしているのか…

さらに当店スタッフは
こんな本たちを貸してくれました。

次に買った本もホラーが多いです。
ホラーにハマりつつある今日この頃です。

如月の書道のお稽古~その1~

今回のお稽古は「ゆったり、まったり」
と書く文字を。

最初に書いたもの。

これだけいい感じで書けたと思っていても、
先生に直されています…

やっぱり違うんですねー

かなり書いて、”天”は上手いと
お褒めいただきましたが、
“地”のハネには苦戦でした。

この日はドバイとオーストラリアからの
書道体験の方がいらっしゃっていました。
めちゃくちゃ寒い日だったのに、
20代オーストラリア人のファッション魂が凄く、
お腹を出すファッションをされていて
「若いって素晴らしいなぁ~」と思いました。
また40代の方は白髪が出てきたからと
髪の毛を柔らかい紫色に染められていて、
とってもオシャレでした。
どこの国も白髪には工夫を凝らしているんですね。

書を極めるだけでなく、
異国の文化などを吸収できる
書道教室はここだけでしょう。

岡崎神社

「子授け・安産・縁結び・厄除け」の
岡崎神社に行ってきました。
こちらはうさぎ神社ともいう
とっても可愛らしい神社です。

以前から存在は知っていて、
さらにこの前テレビで紹介されたので、
伺ってみました。



こういった神社は珍しいので、
ウサギ好きと思われる
海外の女性もちらほら。

おみくじもウサギのオーナメント。
飾れたりもするし、いいですね。

ご朱印も頂きました。