折れたから、贈り物は…

友達が自転車でこけて前歯を折ってから、
本格的な矯正になっていく過程を
日々会うごとに感じています。

この前、その友達がお誕生日だったので、
口腔内ケアが頭の片隅にあり、
歯磨きセットを贈りました。

D.R.HARRISの歯磨き粉。
私もいつか使ってみたい。
知覚過敏には効くのかしら…

藍の種をたくす

庭のジューンベリーの花が
満開で、とってもきれいです。

夜の姿にもひそかに癒されています。

プランターの藍は
つぎつぎに芽を出し、元気に
育っています。

ですが、種はまだまだ
たくさんあまっていて、うちの
狭い庭では育てきれないので、
実家のばぁばの広いお庭で
育ててもらうことに。

長女にたのんだ宛名書き。

まだ習っていない漢字もがんばって
書いてくれました。

「“種在中”って書いといて~」と

たのみ、次女に切手を貼ってもらいました。

ポストに出しに行くと、
朝まで工事中で入れなかった
公園がちょうど開園(?)されたよう。
ぴかぴかの遊具に、
おおはしゃぎのむすめたちでした。

松屋銀座『七緒の和トセトラ』中止のお知らせ

このたびの新型コロナウイルス感染拡大防止と
東京都からの呼びかけを受けまして
松屋銀座の「七緒の和トセトラ」は
中止となりました。

だいやすも出店を予定しており
雑誌『七緒』にも出店店舗として
掲載されておりましたが、どうか
ご理解いただけますようお願い申し上げます。

開催を楽しみにしていただいていたお客様には
大変申し訳なく、深くお詫び申し上げます。

着物 だいやす

外出自粛で読書を。

今日はエイプリルフール。
冗談でププっと笑う暇もないぐらい、
世間は厄介な事態になっていますね。

お休みの日にお出掛けを控えて、
お昼間はYouTubeなど…
便利なだけに生活が流されないように
私は本を読もうとしています。
夜はとにかく読書を。


▲『魔術師』 江戸川乱歩
表紙の怪しさに惹かれました。
横溝正史の金田一耕助シリーズと
同じようなものかと思っていましたが、
それぞれが別物。
この明智小五郎シリーズは、
絶妙な表現に惹き込まれていくのですね。


▲『白夜行』 東野圭吾
15年くらい前に人から借りて
読んだことがあったんです。
今回は自身で買って改めて再読。
というのも、ふとどんな内容だったかな…
と思ってしまって、
これはいい機会だと読んでみました。
分厚い本ですが、人間関係も
シンプルに書かれているので、
混乱することなく読めます。

仁風庵

書道教室で一緒になる
生徒さんにご招待いただき、
国の登録有形文化財”仁風庵”で開かれた
展示会に行ってきました。

今回はフェルト作家の方と、
木工作家の方の作品が飾られていました。

お宅は登録有形文化財だけあって
維持が大変だそう。
色々とお家のことも説明頂いて、
貴重な経験となりました。






お二階で桜を眺めながら、
お抹茶とお菓子を頂きました。
桜の花と目線の高さが一緒なんて
なかなかありませんよね。