夏のケア

今日は蝉の鳴き声がうるさいほどで、
耳を塞ぎたくなるぐらい。
暑い夏がやってきましたね。

この時期、素足になることも多いので、
足のケアをいつも以上にしたくなります。
ちなみに私はヨガをしているので、
一年中 素足になる機会多しです。

フットスクラブを購入。
中身が黒くて、空けたときにビックリ。

DSC_5225

猫も中身の確認に来ていました。

生き返る布団

我が家では布団の打ち直しをしました。
使い捨てが普通になりつつある
このご時世に、古風なメンテナンス。
最近では布団屋さんもめっきり見なくなりましたね。

余りのフワフワに、
夏なのに早速
寝ころぶ我が家の猫。

DSC_5222

猫のプレスで少しペシャンコになりましたが、
これで気持ち良い夢見を味わえそうです。

さつまいも

「放っておいたら
葉っぱが出てたから
なんとなく育ててみたの」
と母。

2016.07.19-02
これが、

2016.07.19-03
こうなって…

2016.07.19-01
4日後こうなっていたそうです。

4日後というのは、
母が家を留守にして
京都に孫を見に来てくれていた期間。
「お父さんに、毎日お水換えるように
たのんでおいたんだけど…」
と心配していましたが、
父はどうやらきちんと
言いつけどおり、お水交換して
くれていたようです。

ハート型の葉っぱ。
さつまいもの紫もきれいですし、
育てたくなるきもち
わかるなぁと思いました。

文月の書道のお稽古♪~Part1~

最近、大筆に凝っている私。
単純な字でありますが、筆使いを柔らかくするのがコツ。

DSC_5201

この日は、先生の誕生日の次の日だったので、
生徒さんのプレゼント(差し入れ)を私まで頂戴しました。
老松のくるみ。
上品で美味しかったです。

DSC_5205

茶柱も。

DSC_5207

そして、先生と生徒さんも含め、
珍しく”死”についての雑談をしました。
死は怖くない人と、怖い人がいますよね。
私は”死”が怖いというか、
誰にも気付かれずに死んでいくのが
怖いと思っています。
たまたま宮本輝の本を読んでいた時期なので、
考えさせられることも多く、
そんなこんなで話す内容もヘビーになってしまいました。
私より年齢が大先輩の生徒さんが多いので、
諭された一日となりました。

そんな書道とも関係のないことも話したりする
和気あいあいとした教室です。

夏は氷

タイガーから
キョロちゃんかき氷器の復刻版。
むすめはこのところ毎日
氷を削っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA