神無月の書道のお稽古♪~Part1~

お稽古にお伺いしたら、
外国人の書道体験のクラスと入れ違いだったので、
お話をしました。
私の語学力はむちゃくちゃですので、
留学生のポールさんに
通訳をして頂いております。

私はそろそろ1月の書初めの事も
考えないといけないし、
頭がいっぱい過ぎて
今回のお稽古は
一枚書くだけに終わってしまいました。

先生的には平仮名は上手いのに、
漢字はダメだそうです。

お茶の時間に頂いた鹿のお饅頭。


可愛いですが、
ぱくっといきました。

最近、日々の生活の中でも忘れ物が多く、
書道教室では宿題ノートを
先生に提出したものの
持って帰るのを忘れたりするので、
確認確認のお稽古終わり。

先生にも、次までにヤギの毛の筆を
仕入れてもらうことと、
書初めの為の書体の本を
用意してもらうことをメモしてもらいました。

後、月謝袋も先生に返してくださいと
言わないと返ってきません。
そんな適当さが私には合っているのかも…

書道・華道・茶道は、余り堅苦しいと
敷居が高いって思われるだけですものね。

通園路

朝の、お家から保育園までの
道のり。

むすめたちは、ご近所さんのプランタから
落ちたお花をひろい、
髪にかざりあったり、
匂いをかいだり、
花びらをちぎったりしながら
とてものんびり保育園に
向かいます。

あーかわいいことしてるなぁ。
とおもって見ています。

中秋の名月

きのうは、中秋の名月でしたね。
しごとの帰り道、ピンクに染まりだした
お空に、大きなお月さまがぽっかりと
浮かんでいました。

満月なのだとばかりおもっていたら、
円の、左側の輪郭がすこしぼけていて
円が欠けているよう。
聞くと、満月は2日後の6日なのだそうです。

むすめたちと、お布団でごろごろしながら
お月さまを見ていました。

夜が深まるにつれて
ますます輝きを増していた
お月さまでした。

アニマル天国

20年ぶりぐらいに
京都市動物園に行ってきました。

改装されてから初めてです。
今は全国的に
“魅せる”動物園が多いですよね。

京都市動物園も
そういう感じになっていました。

トラやジャガーは、
迫力ながらも、やはりネコ科。

我が家の猫が
大きくなった様に見えました。

私はゴリラが見たくて
何度もゴリラエリアに。
ゴリラって頭がいいから
表情も面白いですよね。
また肉体に添う
毛並みの美しさにも魅せられます。



たまたまチビッ子ゴリラが
近くに来てくれました。

サービスショットをしてくれたのが、
テナガザルのシロマティーでした。


背中の伸びが、
ヨガのダウンドッグポーズの理想型。

この日、暑かったせいか
水に浸かった動物が多かったように思います。




また、動物園マニアの方も園内に
いらっしゃるのでしょうか。
「どこにいるの??」と檻の中の
動物を探せない私に、
わざわざ「あそこにおる」と
教えてくれる方に出会いました。
助かります。

お気に入り

近ごろ、車でおでかけをして
家に帰ると、白花マンサクの鉢の
木の枝の先に、
トンボがとまっています。

むすめたちは、車の窓から
トンボをみつけて、
車からそぅっと降りますが
網をもってくるあいだに
飛んでいってしまいます。

でもしばらくすると、こんどは
違う鉢の、アカシアの木の枝に
止まっていたりします。

だんだん好みがわかってきました。

うちには、もう一鉢、
このトンボのお気に入りになりそうな
枝ぶりの木があります。
つぎはここかな?
などとおもって見ています。