田植え

ゴールデンウイークに
田植えをしました。

次女には、田んぼの泥は
ちょっと深いため、今回は
長女とわたしが田植えに挑戦。
といってもわたしは小さい頃に
なんどかお手伝いをしたおぼえがあります。

泥にずぼっと足をつっこむ
なんともいえない感触。

さいしょは戸惑って
「歩けへん~」と言っていた長女も
次第に慣れ、ファームのお姉さんに苗を
手渡されながら、しっかり一列、
もくもくと植えていっていました。

お隣を、田植え機が見事なスピードで
苗を植えていきました。

腰をのばして眺めると、苗の列は
がたがたとしていましたが、一列、
ふたりで苗を植えて、手足の泥を洗い流すと
足元がぽかぽかと、プールの後のような
ここちよさでした。

骨董本

私は昔、骨董屋でアルバイトをしていました。
その頃に買った骨董関係の本たち。

最近、ビードロの話をしたので、
本を引っ張り出してきて眺めていました。

その他に根付の本もあったことに
今更ながら気付きました。

変わった根付が掲載されていて面白いです。
昔の人って現代人以上に
ユーモアだったのかもしれませんね。

そんな私も、今では呉服屋で
根付に触れることに。
そんな人生の中の自然な流れが
今に活かされているようです。

ちなみに私の働いていた骨董屋は
猫カフェの走りみたいな感じだったのですが、
聞くところによると
その当時にいた猫は亡くなったようです。
そして、その猫は
なぜか私には懐いていませんでした。
家で飼っていた猫の匂いがしたからかしら…

早めの準備

 

 

 

黄金週間も最終日、暑い暑い日が続いています。

今日も、もわっと蒸し暑い京都です。

夏に向けて、薄物、浴衣準備は始めていますか?

 

あっという間に夏はやって来ます!

早めの準備で、帯や小物のコーディネートもしやすくなります。

今年こそは早めに準備してみましょう!

で、準備万端!と思いきや、いざ着る段階で不安になるのが着付けの仕方。

あれ?ここどうだっけ?

こんな時はどうするの?

そんな不安、心配がでできます。

そんなかたは是非《だいやす着付け教室》!

着付けの準備も早めにする事で不安解消です。

特に男性はとても簡単ですので、この夏、憧れの着物男子デビューしてみませんか?

ちょっとしたコツでカッコよくなれますよ!

気軽に問い合わせして下さいね。

お問い合わせお待ちしております!

 

 

 

お祭の奉納

いつも、お稽古でお世話になっている
藤森神社。
その神社の一年の行事の中で
いちばん大きな藤森祭が
ちょうど今日、催されています。

きのうは、その宵宮祭。
いつもいっしょにお稽古をしている
お姉ちゃんたちが、奉納の舞をまっている
姿がとっても愛らしく、
むすめたちも見入っていました。

いつかじぶんも、などと
その姿を自分に重ねていたり
したのでしょうか。

むすめは、舞のためのお道具の
鈴のお運びをしました。

決まった場所に、お膳のようなものに
乗った鈴をおくだけ。
だったはずが、まさかの鈴を落とすという
失態を。
当の本人は、けろりとしていましたが、
神楽殿にひびく、鈴のちりんという
むなしい音が、奉納の舞よりも先に、
娘の手によって神様に奉納されてしまったかと
思うと、申しわけない気持ちでいっぱいでした。

先生には、出来不出来にかかわらず
良い奉納になりました。と
仰っていただきましたが、
また、気持ちを新たに、お稽古に
精進しようと、母は勝手に思いました。

気遣いのある店員さん

ちょっと前の話。

暑い日にお抹茶で有名な
茶寮都路里の前を通ったら、
何だかパフェが食べたくなりました。

ただ行列がスゴイ…

そこで、これまたパフェのある
お気に入りの”はやしや”へ。

6Fにあるので当然のように
エレベーターに乗ろうとしたら、
エレベーター故障中!!!!!
最悪の事態です。

でも逆に6Fまで階段で
上がる人は少ないだろうから
空いているだろうと見越して
アクティブに6Fまでダッシュ!!

その勢いでパフェを即行で
食べてしまい写真はありません。

レジ前のお菓子を買いました。


そのお菓子を手渡すとともに、
店員さんが
「6階まで上がって来て頂いて
ありがとうございました」と
言ってくださいました。
こういった一言が嬉しいですね。