釣り

釣り番組の好きなうちの長女。
里帰りをしたときに、
釣りが趣味のじいじに、釣りに連れていって
もらいました。

長女にとってはじめての釣り。
“さびき釣り”というのに挑戦しました。
餌を小さなカゴみたいなところに
入れて、バラまきながら釣るやり方なの
だそうです。

芋虫みたいな餌を針に引っ掛けたりは
なかなか危ないから、じいじの配慮かな?と
おもいました。

なかなか筋が良く、何匹も小さな魚を
釣りあげる長女に対して、
飽きてしゃぼん玉をしたり、貝殻を
拾いだす次女。

曇天で海風がここちよく、
しゃぼん玉もよく飛んでいました。

大満足のふたりでした。

さて、帰り道。
高速もするすると進み、長女が
「おしっこ、がまんできひん~」
といって止まったSAで、かわいいさざえさんの
カステラを見つけましたが、
‘京都観光’の文字にきづいたのは
帰宅後でした。とほほ。

どこで購入したの…??

なんでなんでしょうか。

この前、ネットショップの私の相棒が
実家の名古屋に帰っていました。

そしてありがたいことに
いつもお土産をくれます。

今回は可愛くて美味しいカステラ。

でも、しっかりみたら、京都のお土産…


なぜなんでしょうか…??????????
私は京都人です。

山のおうち

幼なじみの、山のお家に遊びに
いきました。


知らない間に、インコのぴーが
家族の仲間入りをしていました。

長女は、すぐに友だちの長男坊と
意気投合し、沢ガニをつかまえたり
ヤゴをとったり、
田んぼでトノサマガエルやアマガエルを
つかまえたり。
紫陽花の茎にたくさんついていた
‘たなばたさま’という小さな白い
虫をつかまえたり。

ここに来ると、とにかく
長女が生き生きとしています。
次女は次女で、布のブランコで
ずっと遊んでいました。

さて、今回は、お昼ごはんを友人と
いっしょにつくる約束をしていました。
わたしが、スパイスを買って何度か
本格カレーに挑戦したのに、なかなか
おいしくできないと言っていたので、
ネパールに長く住んでいた友人が
レシピをおしえてくれたというわけです。

ひたひたの油で、スパイスの香りを
引きだして、玉ねぎなどのお野菜を
じゅっと入れて。

そこに、信じられないほどの
刻んだニンニクとショウガを入れて。
途中で、ガラムマサラやクミンなどの
パウダー系を入れて、
さいごに、パプリカパウダーやターメリック
などの色のつくスパイスを。

すべて友人の目分量でしたが、
入れるお野菜や、お肉に応じて
スパイスの配分も変えるのだそうです。

付け合わせのごはんは、まさかの
本格インディカ米。
友人の旦那さまは、インディカ米のことを
「バスマティ」といい、おかわりするほど
好きみたいでした。

おみやげに、友人夫婦が育てて
出荷準備中の、ぴかぴかのお茄子をいただきました。

ここに来ると、いつも
わたしもがんばろう~と元気がでます。

明日は祇園祭”後祭”

昨日、雨上がりの仕事帰りに
祇園祭の山鉾を覗いてきました。
涼しくて風情を増した夜でした。

巡行の時は朝からなので、
提灯の印象が薄いのですが、
夜は提灯に灯りが灯ってステキですね。



写真は「北観音山」「八幡山」「鈴鹿山」
といった流れ。

「八幡山」では子供たちが
ちまきを売る怒鳴り声に、パワーを感じました。
私もそうなのですが、京都の伝統行事が
自分の住んでいる地元に有り過ぎて、
その行事の凄さを分かっていないんですよね。
そんな子供たちの地元感が好きでした。

ハスの花

すこしまえに、長岡天満宮に
ハスの花を見にいきました。

ハスは昔から大好きで、
毎年見ているきがしますが、
早朝にハスの花が咲くときに
きこえるという、
「ポンッ」と音、というを
いまだに聞いたことがありません。

早起きは、若いころからどうしても苦手。
今回も、日の出に合わせて起きてみよう
かと思いましたが、
長岡天満宮のハスの池は、
朝7時の水上橋の開門を待たないと入れない
というので、内心ほっとしつつ、
家族で朝のお散歩にでかけました。

朝ごはんをもらえると思ったのか、
カメたちが目をキラキラさせて
一斉に近づいてきました。

むすめたちは走り回りながらも、
橋の手すりにある、鳥の糞に
触れないように、慎重でした。

長生きをして、おばあさんになって
早起きが得意になったら、
そのときにはぜひ、早朝散歩で
ハスの花の開く音を聞けたらとおもいます。
それまでのおたのしみ。