着物で出かけてみよう!

今日は令和初めての

天皇誕生日

京都はほんのり暖かくなり、
通勤途中の梅は満開で、
良い薫りが辺りに漂っています。

北野の天神さんでは25日のご縁日に

梅花祭が開催されます。

優しい春のにおいの中、

梅を愛で、においを楽しみ、

『令和』

の出典

初春の令月にして
気淑く風和ぎ
梅は鏡前の粉を披き
蘭は珮後の香を薫らす

を感じてみるのも素敵ですね。

折角なら女性だけでなく男性も着物で
お出かけしてみませんか?

だいやすでは男性着付け教室も人気の講座になっております。

毎週土曜日 11時から

一回1時間で¥1700

定員3人の気軽なレッスンです。

予約制ですので事前にご予約下さいませ。

この春は着物で新しい自分を是非楽しんで下さい。

ご予約、お問い合わせお待ちしております!

 

 

如月の書道のお稽古~その2~

昨日はちょっと薄着でも
いいくらい暖かったですね。

書道のお稽古にも
意欲が湧いてくるようです。

課題は、この前の続きを。

最近は、その日その日の気分や体調で、
字の書きやすさが違うと
感じやすくなってきました。
前回より今回の方が
滑らかに優雅に書けたような気がします。

そして、その後に中国の字をなぞりました。

日本の漢字と違うところもあって、
なぞるだけなのに苦労しました。

自分のクセと違うことをするというのは、難しいことなのですよ。

春を感じる桜餅を頂きました。

私はこの葉っぱを今まで
食べていなかったのですが、
生徒の皆さんは食べるということで、
私も初挑戦しました。
でも…やっぱり私は剥がしたい派です。

大人のお稽古の後に来た小学生たちの声も
何だか明るく春めいていて
微笑ましかったです。

床下の入口

絨毯をはがして
お掃除をしていたら、床下への
入口に興味を示したうちの
むすめたち。

「この下に何がいるの~?」

と聞いてきました。

ん??何がいる??

なんだろう。ママは入ったこと
ないけど、よくおじいちゃんが
点検しに来てくれています。

虫?とかかな??

と言おうとしたら

「アリエッティとかがいるのかなぁ?」

と長女。

そういえば、姉妹は
録画してあった
「借りぐらしのアリエッティ」を
見返していたところでした。

床下に妖精がいたらすてきです。

こどもの絵

少し前に、次女の保育園で
作品展がありました。

遠目からでもすぐにわかった
次女の絵。

おねえちゃんの影響で、
彼女の絵にも虫が登場しだして
います。

お友だちの絵も
なんてすてき。

そして先日、長女の小学校でも
作品展がありました。

「なんかひよりのだけ手がめっちゃ
きれいじゃない?」

と聞くと、

骨折してたから先生がつくってくれた、
とのことでした。

今はすっかり指も動くように
なり、小さなツルを得意げに
折ってくれます。

次女のすみっコぐらしも
かわいいです。

本棚から選ぶ本

最近はとにかく家にある本を
再読しています。
内容をばっちり覚えてなくても
「これは面白かった、面白くなかった」と
自分の中で選別しているようで、
本棚から選ぶのもその時の気分で
決めたりしています。


▲倒錯のロンド/折原一

あらすじがかなり凝っていますが、
さらさら読めて面白かったです。
10年以上あけての再読。
最後にどんでん返しが
あったことを思い出しました。
盗作から起こる殺人事件が書かれていますが、
これは作家だからこそ
書ける内容なのかもしれませんね。


▲赤い指/東野圭吾

泣けました。
現代の高齢化社会に対しての
メッセージも感じられましたし、
屈折した家族の関係も
最後は家族愛が確認出来て
よかったです。

最近困っていることといえば、
本を読むときの姿勢が悪い!!
自分でも分かるので、困りものです。