母はこの漫画を毎日のように読んでいました。

最近、蒸し暑くなってきた夜。
扇風機に吹かれながら、本を読みます。


▲『グレさんぽ』グレゴリ青山
新刊がでました。
私は京都生まれの京都育ちなので、
共感出来ることがたっぷり。
京都の新しい発見があります。
今回は少し着物のことも描かれていて、
捉えられているのが昔の生活などで、
観点が違って面白いです。


▲『さみしさの周波数』乙一
短編集。
中でも「失はれた物語」が大好き。
生命の不思議を感じます。
そして、内容が悲しすぎます。


▲『仮面山荘殺人事件』東野圭吾
どんでん返しのラスト。
こちらも人を思うことで悲しい結末ですが、
それほど愛せるって素晴らしいと思います。

帯を仕立てる

先日、以前染めた帯を
ようやく仕立てました。

二部式帯の仕立てははじめて。
先生の元で、帯芯もかがって留める
本格的な仕立て方でした。

だいやすで、よく「キセをかける」
という言葉を耳にしますが、
自分がやってみて初めてちゃんとわかった
気がします。

どうせ二部式帯を仕立てるならと、
お太鼓にも銀座結びにもできるように
柄を配置して、ちょっと工夫して
仕立ててみて。

それまでに、だいやすのスタッフと
何度も相談して、どう仕立てたら
両方結べるか、あれこれ考えたり
するのが、楽しい時間でした。

だいやすにも帯芯の種類は
たくさん置いてありますが、
今回、しっかりめの帯芯だったので
銀座結びも形もきれいに出た
気がします。

気づく人は少なそうですが、
手先にも、テントウムシを染めました。

写真は、次女が撮ってくれました。
お休み中、単衣になる前の時期
だったので、今見るととっても
暑苦しくってすみません。

思いきり春の柄なので、
来年の春、締めるのが楽しみです。

文月の書道のお稽古~その1~

コロナでお稽古を自粛されていた生徒さんも、
ちらほら再開されています。

私はマスクをしながら
しっかりと通っています。

というのも、書初めの時にしか
半切サイズの作品を作っていないので、
この機会に作品を作ろうという話になりました。
書初め=お正月。
なので、半切作品はいつも春仕様。
だいたい同じ文字が被ったりするので、
それを取っ払って好きな文章を
書こうということになり、意気込んでいます。

私は”鹿”を書いてみようと、鹿の入った漢詩に。

相変わらずですが、
篆書・隷書・象形文字などのアレンジで
書いています。

まだまだこれからですので、
少しずつ仕上がって行ったらいいと思います。

先生の宿題プリントは「難読」。

難読3レベルになるともう読めません。

だいやすの夏もの。

今日は例年の7月のように暑くなっていますね!
日射しも強く、ようやく夏らしさを感じます。
梅雨明けももうすぐなんでしょうか?

そんな今日に合わせてだいやすから夏らしいものを集めてみました!
まずはこちら!

デザインがなんとも言えない可愛さ♪
さりげなく夏らしさを取り入れるのに帯留めおすすめです。

お次は日射しが強い日は必須の日傘。

こちらは涼しさを感じられる雪山柄。
ちょっとした雨も安心の晴雨兼用です。

人気のWAKKAさん麻帯からはこの4点を。
猫ちゃんの飲み会は
テーブルのおつまみがまたいい味だしています。

最後にコーディネートもご紹介!

宮古上布に八重山上布の帯を合わせてみました!

いかがでしょうか?
大変な世の中ですが夏もので
せっかくの夏、楽しんでくださいね✨

大決算セール終了致しました!

だいやす大決算セールにご来店頂いた皆様ありがとうございました!
おかげさまで盛況のうちに終了することができました。

生憎のお天気の日が多かったにもかかわらず沢山のお客様がご来店してくださり
本当に感謝しております。

春のセールはコロナウイルスの流行があり断念せざるおえなく
大決算セールも迷いながらの開催でした。

お待ちくださっていた分も皆様とても楽しそうにお買い物されていたのが印象的で元気をいただきました!
ありがとうございます!

コロナウイルスに負けていられませんね!

残念ながら遠方のお客様は今回ご来店難しかったのではないかと思います。
また楽しい企画を準備し、素敵なお着物など取り揃えてまいります。

楽しみにお待ちくださると嬉しいです!

皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

これからもだいやすをどうぞよろしくお願い致します!