木綿のきもの

男女問わず人気の片貝木綿。
片貝木綿は経糸、緯糸共に単糸使いで、
経糸には、3種類の太さの違う糸が、規則的に配置されています。
一番太い糸の部分だけ肌にあたるので表面が平面的になることなく、
肌にくっつかず、さらりと優しい着心地が実現しています。

木綿の着物は裾さばきが悪くて苦手…
という方もおられるかと思いますが、
おろしたてから、着用を重ねるにつれ次第に裾さばきも気にならなくなり、
動きに素直に対応してくれる着物になってくれます。

着れば着るほど体になじみ、
ガーゼのように優しい肌触りは
着心地が良いです♪

木綿着物の中では比較的涼やかで
軽やかな風合いの片貝木綿。

基本的に盛夏以外の着用と言われて
います。
逆に、真冬はすこし寒いかもしれません。

人によってそれぞれですが、気温や気候に合わせて、
お洋服感覚でお気軽にお召しいただいたらよいのかなと思います。

男女ともに仕立て上がり木綿の着物
多数準備しております。
ぜひ、見に来てくださいませ(^^)/

画像はメンズです。

帯を変えて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です