キンモクセイ

毎年、キンモクセイが香り出してはじめて

「あぁ。もうこんな季節なんだなぁ。」

と感じていたのに、
ことしは、

「まだ香らないのかな?」

とキンモクセイが咲くのを
待ち遠しくおもっていました。

ようやく数日前から
あちこちに香りが漂いはじめて。
甘い香りに染まった空気に
うっとりです。

次女とあるいて保育園にいくまでの
たった5分たらずの道のりですが、
ご近所さんの垣根や、公園…
次女とキンモクセイの木の本数を数えると
12本もありました。

いつだったか、このお花を

「ポニョ(崖の上のポニョ)の手」

と言っていた長女。

キンモクセイといっしょに拾った
どんぐりを、鼻に詰めて
耳鼻科に走ったこともあったなぁと
懐かしく思い出していた、そんな朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です