雛人形🎎

いよいよ明日から3月🍀
そして雛祭りですね(^^)
ご自宅の雛人形の男雛は向かって右に飾っておられますか? 
それとも左に飾っていますか?

関東と京都では飾り方が違うらしいですね。

その理由がー、
古代中国の思想に「天子南面す」というならわしで、京都御所の紫宸殿(ししんでん)は南向きに建っています。
紫宸殿とは天皇がお立ちになる高御座(たかみくら)がある場所です。南を向いてお立ちになるので、左が東になります。
東は日出る最高の方位ということで、尊いとされますので、左に天皇様、右に皇后様という位置で立たれるわけです。
そのお姿をこちらから見ますと、向かって右に天皇様、左に皇后様という並びになりますね。この並びが、江戸時代から大正年間頃までは雛人形の伝統的な飾りつけ方だったそうです。
これが、京雛の飾り方。

一方、関東雛は、大正天皇の即位の際、西洋の流れから国際儀礼である「向かって左が上位」の考え方を取り入れたと言われています。明治天皇の時代から皇居が東京に移っていたため、東京を中心にこの考えが主流となりました。皇室が導入した西洋式の儀礼に基づき立ち位置が逆になったというわけです。

京都ではあくまでも京都御所時代を主流に、関東では現代の皇居のスタイルを主流にしていることから、飾り方が異なるということです。

飾り方はともかく、雛飾りには、子供が健やかに育ち幸せになってほしいという親の願いと厄払いの祈りが込められているので、慣わしをお話しながらご家族と一緒に祝うことが大切ですね^_^

さて、お祝いの日のお着物コーデはこちら♫
テーマは🌸girl’s festival🌸
塩瀬の美しい染め帯に、桃色の雪輪の飛び小紋はいかがでしょう^_^

春気分🌸

ポカポカ陽気☀️に誘われて

お出かけしたいな

道中着を脱いだら、

帯は、お色目や柄を明るくして

春気分🌸🌸🌸

私のお気に入り

春告鳥がホーホケキョ♬

って歌っているみたい

 

お家の水仙やムスリムたちも、嬉しそうです

漢方染のお着物

だいやすでも取り扱いの多い漢方染。
私的にもすごく好きで見かけると店頭に並べたい衝動に駆られます。

漢方染ってなに?と思った方のために

漢方染はその名の通り
ヨモギ・ドクダミ・センブリ・藍などの植物や
サルノコシカケやマンネンタケというキノコの一種
キハダというミカン科の一種の樹皮や朝鮮人参などを使って
染色することを指します。

漢方染の第一人者 菅原工房さんのお品ものに

 漢方紬は我が国の庶民の民間薬であり漢方薬を
 材料として染め上げた紬を身に着けることにより日常生活の
 中で自然と体内に吸収され健康的な着物として「漢方染紬」を
 研究開発しました
           ~漢方染紬 証紙より~

というものがあります。

はじめてその言葉に触れたとき
美しいだけでなく「健康的な着物」を目指されているということに
大変驚いたのをよく覚えています。
とっても素敵な発想ですよね。

漢方だけでなく草木染めでも思うのですが
自然の恵みから染め出した美しいお色みは
化学染料にくらべて風合いがやさしく、
気持ちまで穏やかにしてくれるような
温かみを感じます。

やっぱり好きだな…と思う今日この頃です。


明日から楽天お買い物マラソン&ポイントアップ!

開催期間【開始】2021/02/09 20:00~ 【終了】 2021/02/16 01:59


2月9日から楽天にてお買い物マラソンがはじまります。
2月9日といえば肉の日とよく耳にしますが
実は2(ふ)9(く)の読みから 服の日でもあるそうです。
服の日といえば広い意味でファッション=着物の日とも
いえますね。少々強引ですが…

今回は春に向けた綺麗なお色に意識した出品をしています。
綺麗な色は気分まで明るくしてくれますね。
お家でネットショッピングお楽しみくださいませ(^^)/

【だいやす楽天市場店はこちら】