更紗の帯で

今日のお二階には更紗の帯を飾りました。

私的にも大好きな帯。
すてきなデザインもさることながら、やはり
ムガシルクのワイルドな息づかいの
感じられるお生地の魅力です♪

野蚕糸とは、野外で育った繭から採った
糸の総称。
その中でも、ムガ蚕とは
インドのアッサム地方に生息するヤママユガの
野蚕から手作業で紡がれた生糸を言います。
ホオノキ、木蓮などの葉を食べながら成長し、
黄金の繭を紡ぐことで知られるムガ蚕。

季節によって繭の質が異なるため
商品価値のある繭が採れるのは
年のうち数ヶ月のみという、
大変希少なお蚕さんです。

稀少価値の高い織物です。

そんなお生地を使用しての染め帯は
やっぱり仕上がりは美しい。

お着物はシンプル目で
帯の美しさを引き立てよう!と
紬をセレクトしました。

飾って「うーん!やっぱり好き!」とニヤニヤするスタッフでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です