塩沢お召と博多帯で♪

今日のマネキンさんは
塩沢お召と博多帯を合わせました。

単衣といえばですぐに頭に浮かぶ塩沢お召。

塩沢お召は、塩沢紬とともに
塩沢産地の代表的な織物です。
越後縮(えちごちぢみ)のような「シボ」のある
麻織物の技術・技法を
絹に生かした絹縮(きぬちぢみ)がもととなっています。
八丁撚糸といわれる強い撚りをかけた
右撚りと左撚りの緯糸を交互に織りあげて、
湯もみによって撚りが戻って縮み
シボをだしシャリ感のある生地をつくりだします。

そのシャリ感は肌に張り付かず
さらっとしているので
汗ばむ陽気のお単衣の時期にぴったりです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です