夏の装い【男のきもの】

一ヵ月に及んだ祇園祭も終わり、

連日35℃を越える京都です。

うだるような暑さですが少しでも涼感を得るのに

男性のみなさん

男の着物はいかがでしょうか!

 

何を着ても暑い季節

 

着物なんてもっと暑そう!

 

と、お思いでしょうが意外や意外、

夏着物って洋服より快適だったりするんです。

 

夏の暑さの不快感は

汗をかいて衣類がべったりまとわりつくのが主な原因。

体に衣類がまとわりつけば

当然鬱陶しいし暑くるしいしで

不快度MAX。

 

しかし、夏の着物でしたら

フワっと全体に纏うので

体との間に空間が出来ます。

 

また、汗取りやお襦袢の素材の工夫で

汗をすぐに吸収発散してくれます。

 

そう!

夏の着物は気持ちいいんです。

 

 

そんな男の夏着物、ご紹介します!

小千谷縮(麻)の無地黒

米沢織夏角帯

二枚歯下駄

 

同じ着物、同じ帯でも

下駄を変えるだけでガラリと印象が変わります。

塗りの右近台に麻の鼻緒

 

こちらはお色も爽やかに正絹のお着物

琉球絣 生成地に縞

米沢織の角帯

白木の右近下駄

 

こちらも夏の正絹のお着物

琉球絣 淡い灰桜色

からむし(麻)角帯

先程と同じ塗りの右近下駄

 

小千谷縮 墨黒に縞

自然布の織味楽しい 麻の角帯

牛革鼻緒の雪駄

 

 

彫りの塗り下駄

こちらも着物と帯は一緒ですが

雪駄から下駄に変わるだけで印象が変わりますね!

 

いかがでしょうか。

男の夏キモノ

今回のご紹介はほんの一例

だいやすには他にもたくさんの男着物がございます。

 

くれぐれもTシャツに半ズボンの方が涼しいだなんて

一緒にしないでくださいね!

男の着物姿は

男っぷり&カッコ良さが違います!

 

 

是非お気軽にお立ち寄り下さいませ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です